1. HOME
  2. お便り
  3. お便り
  4. 変わり続けようとする力 ~現在の星からのメッセージ~

変わり続けようとする力 ~現在の星からのメッセージ~

こんにちは、花籠陰陽堂の えんじゅ です。

感染症、地震、大雨、洪水、土砂、隕石、彗星、イナゴ、酷暑、冷害、、、現在、世界では様々な気象の異常が出ています。
このような現象が続いたとき、グローバル・コヒーレンスとして、地球全体の周波数が下がり、エンパスの強い方は調子自体が引っ張られてしまいがちです。

現在、地球では何が起こっているのか?
えんじゅとして2020年7月30日現在のチャネリングメッセージを発信いたします。

文章表現がとても難しく感じますが、分かる方にはダイレクトに伝わるものと思うので、敢えてそのままの文面で載せさせていただきます。
どうぞ、皆様にとって素敵な意識アセンションのきっかけとなりますように。

トス(トート)のメッセージ

― この世界について

この世界(リアル)は混沌であり、何の判別もない、ありとあらゆるもの凡てが同時に在り、そして無い。
見えるものも、聞こえるものも、何も実感することは出来ないが、見ることも、聞くことも出来る。
あらゆる事象を実感するために、人はその為の容れ物となり、感覚の装置となって、その記憶を記録する。

人の世界(リアリティー)は陰陽相対であり、総てが判別されることにより、可能性の海は限りある海の一滴と為る。
実感するということは、即ち見ることであり、聞くことであり、伝うことであって、その七方向の感性を味わうことである。

リアリティーがリアルを超えることは叶わない。
リアリティーはリアルを実感、確認しているに過ぎない。

このリアリティーに於いて、リアルの実感を十二分に引き出し、混沌に在る、若しくは無い、本当の世界に到達する、自我を超越した真我からの経路を見出すことが出来たならば、其の者は光の中の光となって、究極に生きることが叶うであろう。

鍵の在処は人の世界とこの世界の繋がりに在り、幾重に続く、光、若しくは闇の扉の片隅に佇む童児が知るが、其の顔を覗き見ることは容易ではない。唯一の法は、自分が自分で在る為の仕組みを紐解き、丁寧に罠を外し、スフィンクスの設問を解き明かし、七方向の幾何学に祈りを捧げよ。

―この現象について

人の望むように人の世界(リアリティー)は具現する。
総ての天災は才の天秤の使い方、計り方を忘れた人の選択に依って起こっている。

天秤の計算は数学に在り、数学の秘儀は経典に託される。其処に在る人、時間、大地、天空に由って、カバラ、アーユルヴェーダ、エメラルド・タブレット、易経などと変容を遂げ、その秘儀は似て非なるものとして、その事を真理と説く。

深淵に在る闇の光、若しくは光の闇と真の対話を求め、その真意を知り、至ることが、自らを偏りの人の世界(バーチャル・リアリティー)から抜け出す術と為り、別宇宙の次元(パラレル宇宙)への宇宙船を手にする方法と為る。

変わらぬ人の具現化、現象は変わらぬが、変わる人の意識は、無限の可能性の海を生み出し、判別の無い、凡てが在り、そして無い世界(リアル)を作り出し、または引き戻し、膨大な情報量を基にした、新たな世界(ニュー・リアリティー)を再構築するのである。

覚醒の可能性を収縮することで、可能性は無限と為る。
人はその為の装置である。

記事一覧

鵷樹(えんじゅ)

陰陽道家|陰陽五行カウンセラー/薬膳漢方マイスター/心理カウンセラー|陰陽五行思想を根幹としながら、近代と古代、科学と非科学など、あらゆる角度から物事を捉える陰陽道家です。