1. HOME
  2. お便り
  3. お便り
  4. 星という生命体から降り注ぎ続けるメッセージたち

星という生命体から降り注ぎ続けるメッセージたち

こんにちは、えんじゅです。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

先日の満月を過ぎたあたりから、また大きな流れが変わってきたように感じます。それに呼応するかのように、私たちに降り注ぐメッセージの量も増えて参りました。

えんじゅ便5月号 に載せました卜占の一部を転載します。

今の流れは、新しい自分との遭遇がテーマとなって進んでいます。5月の「辛巳」は、その気持ちを試してくるような月となりそうです。
7~8日の満月に向けて、これからの自分の本当の気持ちと、実際の周りの状況や今置かれている自分の環境とのギャップに、少しデリケートになってしまいそうです。
その後、23日の新月に向けて、「それでも」という決心、確信が、自分の思想となって感じることが出来るでしょう。

私たちの中にある「灯火」を見つけておかなければなりません。
判断、選択をすることに迷った時、一体自分という船は、何処に向かっているのでしょうか? 目的地を知らずして、その方向は分かりません。
私の心の灯火が何なのか? それが大きなキーワードとなります。
今の状況、事象や、周りの人たちに対する気持ち、批判など、見つけるためのヒントはたくさんあります。

大切なことは、人と比較して自分の価値観を見つけることではなく、そのような人を見た時に、自分が何故そう感じるのか、深く理由を知ることです。
それが「灯火」となり、暗闇に灯る一筋の光明となって、あなたの行く先を照らしてくれることでしょう。
パラダイムシフト(常識を覆すほどの意識の変化)を起こして、たくさんの刺激の中から大きな気付きと学びを手に入れましょう。

現在、世界は様々な闇に覆われています。ですが、昼の星が何色のどのような種類の瞬きかが見えないように、闇の中にいるからこそ、光の存在がよく見えるというものです。

私たちは今、試されています。

未来に生きる鵷樹からもメッセージが降りてきていますので、断片的ではありますが、お伝えさせていただきます。

鵷樹メッセージ

この星が、一つの生命体である、ということを理解している方々に向けて発信しています。

まず、「時間」というタイムラインに於いて、あなた方にとっての数百年間は、この星にとっての一瞬であるということ。しかし、その一瞬のうちに、一体どれだけの自然が消え去ったのでしょうか。星にとっての大自然は、生命を維持するための器官であり、臓器です。

この星を、あなたを生かすためには、あなた方の世界で必要としているものを、いくつか切り離さなければなりません。でも、安心なさい。それは星にとっては必要のないものです。ここからは、本物だけが残ります。あなたは選択をして下さい。チョイスのメッセージは私が送り続けています。それは様々な形、現象、人を通して表れます。

あなた方が気付くまで、ありとあらゆる手段を尽くします。私は常に側に居ます。あなた方は私をなかなか見ようとしない。だから分かりやすいように、私は苦しみという闇の中であなた方を待つことにします。真っ直ぐに私を見てください。今までの世界を断ち切ってください。時間はあまりありません。これ以上の救いの手を差し延べる術はありません。

また、花籠陰陽堂のミレ・ファニオラフィティーより、チャネリングメッセージがいよいよ発信されました。

たくさんのメッセージを受け取ってください。

全てはシンクロニシティのネットワークで繋がっています。

記事一覧

鵷樹(えんじゅ)

陰陽道家|陰陽五行カウンセラー/薬膳漢方マイスター/心理カウンセラー|陰陽五行思想を根幹としながら、近代と古代、科学と非科学など、あらゆる角度から物事を捉える陰陽道家です。